アットベリージェルを目元(目のクマ)に使うのはどう?効果は?

アットベリージェルを目元(目のクマ)に使うのはどう?効果は?

 

目元にくっきりと見えるクマ・・・

 

顔の中でもとくに見られやすいパーツで、見た目年齢も大きく変化するくらい大切な部分!

 

クマと一口に言っても種類は3つあって、それによって原因が違いますし対策の仕方も変わってきます。

 

コンシーラーで隠せるには隠せるけどそのぶん手間も増えるし、できればメイクでごまかさなくても良いレベルにしたいですよね。

 

アットベリージェルって、こういう目元のクマ対策としてはどうなんでしょうか。

 

アットベリージェルをムダにしない為にも、まずはあなたの気にしているクマがどの種類なのか知って、アットベリージェルが合うかどうかを確認したほうが良いと思います!

 

【青色のクマ】

目元には、たくさんの極細の血管が通っているんですが、そこの血のめぐりが悪くなると詰まった血液が薄い目元の皮ふ越しに見えて青っぽく見えます。

 

原因はさまざまあります。

 

■寝不足
■眼精疲労
■肩こりや冷え性持ちだとなりやすい
■ストレス
■ドライアイ

 

とはいえ、簡単に言えば目の疲労サイン”なので、目を休またり血行を促進するという対策が必要です。

 

蒸しタオルを目に当てたり、半身浴をしたり、水分補給をこまめに摂ったり、栄養バランスに気を付けたり…です!

 

【黒色のクマ】

皮膚がたるんでくると、そこに影ができて暗く見えることがあります。

 

影クマ”とも呼ばれているんですが、目の下の色が変わってるわけじゃないので、たるみを解消することで黒色のクマは治すことは可能です。

 

加齢が主な原因で、コラーゲン・ヒアルロン酸などが不足しがちなので、そういった成分を補える美容成分入りの化粧品を使うことが大事です!

 

【茶色のクマ】

名前通り茶色く見えるクマで

 

■紫外線
■普段使っている化粧品
■目をこする

 

など、刺激によるダメージが原因でメラニン色素によって色素沈着してしまっている状態です。

 

アットベリージェルは、そのメラニン色素の生成を抑えてくれるので、茶色のクマにはとくに力を発揮してくれます!

 

アットベリージェルがどのクマに使えるか簡単にまとめますと…

 

・アットベリージェルのメラニンの生成を抑える力による効果で【茶色のクマ】には期待大!
・アットベリージェルはセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸がたっぷり配合されているので【黒色のクマ】に多少期待できる
・アットベリージェルには血行促進効果などは無いので【青色のクマ】には期待できない

 

こんな感じです!

 

あなたがもしも目元にアットベリージェルを使いたい場合、参考にしてください。